タスクスケジューラの実行履歴

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 10:00

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

一般的にタスクスケジューラを使うことは稀ではないかと思う。

 

サーバー運用を含むシステム開発をするとこの機能は大変重要でよく使用する。

 

たとえば、週1回決まった時間にサーバーを再起動するときなどだ。

 

起動するタイミングを決めて、どんな処理をさせるか指定する。

 

SHUTDOWN.exeと組み合わせると、再起動やシャットダウンを自動で行うことができる。

 

Windows10 Homeでもこの処理が可能だ。

 

実際にタスクを作ってみた。

 

実行した結果はタスクスケジューラの履歴で確認できるはずなのだが・・・
履歴(無効)となっていて履歴が残らないようになっている。


タスクスケジューラでは有効にする設定は見当たらない。

 

Homeだからだろうか・・・

 

調べてみると、有効にする方法が判った。

 

イベントビューアーでTaskSchedulerのプロパティでログを有効にするにチェックを入れる。


場所は、アプリケーションとサービスのMicrosoft、Windows、TaskSchedulerのプロパティだ。

 

この設定をすると履歴が作成されるようになるので、実行した結果が確認できるようになる。

 

残念ながら、履歴は細かく作成されるのでちょっとわかり難い。

 

それと、トラブルが発生した場合は自分で解決しないといけない。

 

自己責任と言うことだ。

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 10:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    問合せフォーム

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM